本能

「人の欲には際限がない」とよく聞きます。

欲というのは、あまり良いイメージで捉えられる事がないように感じますが、どう思われますか?

食欲、性欲、睡眠欲は人間の三大欲などと言われます。

睡眠までも「欲」だと言われたら生きていけませんよね(笑)。

考えてみると、人はそもそも欲の塊。それが相応の教育を受けていく過程や構築される人間関係によって「理性」を身につけていくものです。

大人になるとは、そういう事を指すのかもしれませんが、私が不思議でならないのはこの「性欲」について。

なぜかタブー視される事が多い話題なので、敢えて書いてみようと思います。

そもそも性欲の根源、目的とは何かというと「種の保存」な訳ですが、ここに「快楽」という付録が付いてきます。

種の保存と、快楽。性欲にはこの2つが1セットになっているように思いますが、快楽を追求する事はダメで、ふしだらであると、ほとんどの方は思っているようです。

しかし、それが悪い訳ではないと誰もが知っている。

「秘め事」はあまり表に出る事がないので、逆に気になります。「他人はどうなのか」と。

あまりにベールに包まれた世界なので、好奇心旺盛な人なら一度はそう考える事があるのではないでしょうか。

男性はストレートなので、仲間でお酒を飲んだり、談笑している席ではよくこういった話が出てきます。いわゆる「下ネタ」ですね。

女性同士でも、下の話は出ると聞いた事がありますが、私は男性なので、そういう現場に出くわした事はありません。

年齢を重ねるに従い、徐々にオープンになるのは「いけない事ではない」と分かるからなのでしょう。

ある時、女友達とお酒を飲みながら話していたところ、「歳を重ねると動物的になるし、それでいい」という話が出て来たのを思い出します。

「いけない」と人から聞かされてきたから、そこに足を踏み入れないのではなく、実際に経験し、自分の価値観や感覚で判断するというのはとても大切な事。

ファッションは、どこかにエッセンスとして意図的に入れる「ハズし」が高等なテクニックですが、これは人生も同じ。

理性でがんじがらめにする事は面白くない、第一窮屈です。

いろんな経験を重ねた大人だからこその「ハズし」として、時にリミッターを解除してみるのも、自分が自分であるためには大切なのかもしれません。

これをどこまで外すか、そのバランス感覚は経験こそがものを言う。

そう考えると、インテリジェンスな要素もたっぷり。

これまで目をそむけてきた人であれば、一度こういう視点で見直してみるのも面白い。

避けて通れない事だからこそ、プラスに捉える事がとても大切ではないかと思えるのです。