模様替え

先日、オフィスの模様替えをしました。

思えば引っ越してから2年弱。最初にレイアウトした状態のままだったので、ここにきて気分転換しようと思い立ったのです。

オフィスは2カ所、ひとつは普段仕事をしている、自宅の敷地内にある別棟の小屋。

もうひとつは、クライアントが集中している大阪市内の中心部にあるのですが、こちらは他のスタッフが綺麗にしているので、私はほとんど何もしません。

この小屋オフィスは、ちょうど35フィートヨットのキャビンくらいの大きさで、仕事の参考に読む書籍や資料、デスクが3つと打ち合わせの卓、コピー機にプリンター2台が所狭しと並んでいます。

少し前から、レイアウトを変えたいなと思っていたのですが、締め切りに追われるこの仕事、本格的な模様替えをするには時間もなく、また物が多い事もあって、その大変さを想像すると、とても行動を起こす気分になれず、見て見ぬふりをしていました。

それが、ここしばらくゆっくりしていたのも手伝い、思い切ってやるぞ!となった訳ですが、大変なのがPC周りの配線。引っ越しの時、適当に這わせたものですからぐちゃぐちゃに絡まっています。もちろん、ホコリまみれの状態。

いざ始めると、もう後には引けません。徹底的にやってやろうじゃないかと事務所の半分をひっくり返しての大掃除。

捨てるものは意外に少ないものの、この大量の仕事道具を整理するとなると、なかなか思うように進まないのです。

きれいにしても、仕事がやりにくければ意味がありません。窓が多い事務所なのでデスクの位置を考えないと、窓から光が射し込んだ時、モニターに反射して見えずらくなったり、何かと制約があります。

デスクの位置を考えるか、窓を殺すか・・・しかし窓の前に何かを置いてしまっては薄暗い。

早速インテリアッショップに行き、ブラインドのようなものを取り付ける事にしました。

そんなこんなで、何とか模様替えも終わりましたが、妙に片付いたオフィスを見ていると何かが足りない。

自宅から大きな絵画とフロアランプを拝借し、見栄えよくコーディネートしていきます。

物で溢れ返っている時には、とても人など呼ぶ気になれなかったのですが、これなら友人が遊びにきても、夜中でも気を使う事なく過ごす事ができます。

そう考えると、こういう隠れ家のような空間は、友達付き合いをする上でとても重宝します。

さて、次は酒でも置いておこうかな・・・。

あまりに快適すぎて、仕事どころではなくなるかもしれないのが欠点です。